サハラ以南アフリカ

サハラ以南のアフリカの多くでは、HIV 感染経路に関する知識がいまだに乏しいです。一般的に男性よりも女性、また都市部よりも地方に住む人々のほうがHIVに関する知識が乏しいようです。成人の10人に1人以上がHIVに感染している10ヶ国でさえも、このような傾向が見られます。

HIV感染者数 女性の感染者数 新規HIV感染者数 成人HIV陽性率(%) エイズによる死亡者数
2005 2580万 1350万 320万 7.2 240万
2003 2490万 1310万 300万 7.3 210万

続きを読む

中東・北アフリカ

社会的に弱い立場に置かれた集団が経験している 偏見と制度的な差別を除去するための方策はきわめて稀であり、 また流行に関する一般の認知を深める教育や広報活動も ほとんど行われていないのが現状です。

HIV感染者数 女性の感染者数 新規HIV感染者数 成人HIV陽性率(%) エイズによる死亡者数
2005 51万 22万 6.7万 0.2 5.8万
2003 50万 23万 6.2万 0.2 5.5万

続きを読む

アジア

アジアにおける国家レベルのHIV感染レベルは、特にアフリカなどのその他の大陸に比べれば低いです。しかし、多くのアジア諸国は極めて大きな人口を抱えているため、国家レベルの陽性率が低くても、相当数の人々がHIVと共に生きていることを意味しています。

HIV感染者数 女性の感染者数 新規HIV感染者数 成人HIV陽性率(%) エイズによる死亡者数
2005 830万 200万 110万 0.4 52万
2003 710万 170万 94万 0.4 42万

続きを読む

北アメリカ・西ヨーロッパ

全体的に、HIV感染の主なパターンが変化しつつあるいくつかの国で、予防努力が変化する流行
形態に追いついていません。さらに米国における流行も、社会的弱者を窮地に追いやっています。

HIV感染者数 女性の感染者数 新規HIV感染者数 成人HIV陽性率(%) エイズによる死亡者数
2005 190万 49万 6万5千 0.5 3万
2003 180万 45万 6万3千 0.4 3万

続きを読む

カリブ海沿岸

世界で最も歴史が長いハイチにおけるエイズの流行が峠を越えつつあるあります。全体的に言って、1993年から2003-2004年まで検査の結果HIV陽性であることが判明した妊婦の割合は、6.2%から3.1%に半減してます。

HIV感染者数 女性の感染者数 新規HIV感染者数 成人HIV陽性率(%) エイズによる死亡者数
2005 30万 14万 3万 1.6 2万4千
2003 30万 14万 2.9万 1.6 2万4千

続きを読む

オセアニア

太平洋諸島のなかにも性感染症の高い感染レベルが報告されている地域があるのを考えると、現状に甘んじていられる国や地域はひとつもありません。例えばバヌアツの首都ポートヴィラでは、妊婦の性感染症の陽性率が、淋病で6%、梅毒で13%、クラミジアが20%でした。

HIV感染者数 女性の感染者数 新規HIV感染者数 成人HIV陽性率(%) エイズによる死亡者数
2005 7万4千 3万9千 8千 0.5 4千
2003 6万3千 2万7千 8千 0.4 2千

続きを読む

ラテンアメリカ

グアテマラとホンジュラスのみで国家レベルの HIV 陽性率が1%を越えているます。しかしながらその他の国では、国全体の低い陽性率が特定地域・特定集団における 深刻な流行を覆い隠してしまっています。

HIV感染者数 女性の感染者数 新規HIV感染者数 成人HIV陽性率(%) エイズによる死亡者数
2005 180万 58万 20万 0.6 6万6千
2003 160万 51万 17万 0.6 5万9千

続きを読む

東ヨーロッパ・中央アジア

ロシア連邦はヨーロッパで最も深刻な影響を受けています。流行がさらに拡大する余地も大いにあるが、防止する絶好の機会も大いにあります。しかし、近年中国や韓国のHIV感染は爆発的に増えていると言われています。

HIV感染者数 女性の感染者数 新規HIV感染者数 成人HIV陽性率(%) エイズによる死亡者数
2005 160万 44万 27万 0.9 6万2千
2003 120万 31万 27万 0.7 3万6千

続きを読む

HIV予防法

エイズの感染予防は、性行為をしない(NO SEX)か、する場合はより安全な性行為(SAFER SEX)を守って行動することです。より安全な性行為は、コンドームを正しく使用して、精液、膣分泌液、血液などが直接触れないようにすることです。エイズは人を選びません。愛し合っていてもエイズがあれば感染する危険性があります。

続きを読む

エイズHIV治療について

現代の進んだ科学によってエイズ感染に有効な治療薬がもうすぐ開発されるだろうと思う人が多いでしょう。ここにも問題が多いのです。

臨床上エイズの問題は細菌・真菌・原虫・ウイルス等による日和見感染です。細菌による日和見感染に対してはよい薬があります。真菌、原虫による日和見感染にもかなり有効な薬があります。

ウイルスに対する有効な薬は、一部のウイルスを除けばまだまだです。これらの薬で日和見感染をひとつずつ治療しても、「免疫能の低下は治せません」から、また次の日和見感染が起こり、しまいには手に負えなくなり、死に至ることになります。

続きを読む