東ヨーロッパ・中央アジア

東ヨーロッパ・中央アジア

ロシア連邦はヨーロッパで最も深刻な影響を受けています。流行がさらに拡大する余地も大いにあるが、防止する絶好の機会も大いにあります。しかし、近年中国や韓国のHIV感染は爆発的に増えていると言われています。

HIV感染者数 女性の感染者数 新規HIV感染者数 成人HIV陽性率(%) エイズによる死亡者数
2005 160万 44万 27万 0.9 6万2千
2003 120万 31万 27万 0.7 3万6千

特徴

東ヨーロッパ、中央アジアの流行は拡大を続け、かつてないほど広い地域に大きな影響を与えています。2000年から2004年間に報告された感染者のうち、75%が30歳未満の若者でした。ちなみに西ヨーロッパではこの割合は33%です。HIV感染者のほとんどは旧ロシア連邦とウクライナに集中しています。ウクライナでは年々、エイズの流行が著しく、ロシアはヨーロッパのなかで最もエイズの流行が深刻な国です。

東ヨーロッパと中央アジアでは、現在得られるエイズに関するデータは、HIV検査に参加できる人々の状況のみを反映しています。つまり、検査サービスと接触のない人口集団にどれぐらいエイズが広がっているかよくわかっていません。

ロシア

毎年、新たなHIV感染者の4分の3を15歳から29歳の年齢層が占めいている。ロシアにおける流行のほとんどは薬物中毒の若者です。薬物中毒者の30%~40%が、HIV感染の可能性を高める行為である、清潔でない注射針や注射器を使っています。2004、ロシア国内で公式に報告されているのは34万人だが、実際の数字はこの4倍から10倍だと言われています。

また、受刑者の予防を積極的に導入しようという動きはあるものの、ロシアの刑務所内のHIV感染率は非常に高いです。一般人の少なくとも4倍です。モスクワの少年院の収容受刑者では少女は半数以上、一次収容女性は3分の2、ホームレス女性では4分の3が性感染症に感染していました。HIV感染率は、男性が2.9%、女性が4%、ホームレス女性では1.8%でした。HIV感染者のほとんどが、無謀な売買春あるいは薬物注射で感染したと思われます。

確かに2004年から始まったロシアの薬物関連法により、刑務所や留置所のHIV感染の減少しています。しかし、エイズは流行しています。薬物中毒者は性的に活発で、安全なセックスをしないため、行きずりの相手や決まったパートナーに感染してしまうからである。エイズの流行の初期は薬物中毒者に集中していましたが、現在ではセックスワーカーとその客に広がっています。さらに、若者のコンドームを使用率も低下し、ロシア政府のセーフ・セックス・キャンペーンの成果も上げられていません。

また、HIV陽性の母親から生まれる子どもの数も増加しています。母子感染の予防も優先事項だと言えそうです。

ウクライナ

ウクライナは、成人のHIV感染率の推計が1.4%と、現在でもヨーロッパで最も流行が深刻な国です。安全でない薬物注射と無防備なセックスに煽られて、流行は未だに衰えを見せません。新たに報告されるHIV感染者は増加し続けています。

流行にさらに弾みをつけるのは、薬物と売買春を両方行うことです。薬物注射をしているセックスワーカーの67%がHIV感染者でした。ウクライナは受刑者や同性愛者など脆弱な人口集団に届く努力がさらに必要だと思われます。

あなたは本当にエイズに感染していないといいきれますか?

▲ページトップに戻る