エイズHIVの歴史

エイズHIVの歴史

1977年、WHO(世界保健機関)は、長年人類を苦しめ続けてきた天然痘の撲滅宣言を行いましたが、皮肉なことにその翌年にはエイズが突如として出現することになります。エイズが歴史の表舞台に登場してから早20年が経過しましたが、その間多くの研究者の努力によりHIVの発見、HIV抗体検査法と治療薬の開発等々と驚くべき速さで疾患としてのエイズは解明されましたが、ワクチンと根治薬の開発は現時点ではそのめどが立っていない状態です。


また、エイズという病はいつ頃から存在していたのでしょうか?この謎のいまだ解明されていません。多くの研究者たちは、古今東西の資料を分析し、エイズは古代エジプトの”パピルス文書”に認められる、モーゼの時代に猛威を奮っていた、あるいは16世紀に流行した梅毒のなかに存在していた等の諸説を報告していますが、どれも的を得ていないものばかりです。
さらにHIVの起源も、
1.HIVは昔からヒトが保有し、ある一部の種族に存在していたものが最近になって流行した。
2.HIVはサルなどの他の種からヒトに伝搬された。
との2つの仮説があり、
1.の仮説は、アフリカの孤立した未開部族にHIVは存在し、彼らは遺伝学的にHIVに適合していたが、何らかの理由によりHIVに遭遇したことのない他の部族に移行し、そこで強毒性のウイルスに突然変異した。
2.の仮説は、西アフリカに蔓延しているHIV-2は西アフリカ地域に生息するスーティーマンガベイの持つSIVSM由来でサルからヒトに感染したと強く示唆されています。反面、チンパンジーの持つSIVCPZがHIV-1と90%類似していることから、HIV-1がSIVCPZ由来とされる所以ですが、世界的規模で流行しているHIV-1の由来を説明するには無理があります。
どちらの仮説が正しいかは今後の研究により明らかにされるでしょう。しかし、ここで素朴な疑問が生じます。”なぜ今の時期になって発生したか”という疑問です。この疑問を解明するために、HIVは核実験により突然変異した、遺伝子操作により作られたなどの諸説が浮上することになるのです。とにもかくにもエイズは謎多き病です。

あなたは本当にエイズに感染していないといいきれますか?

▲ページトップに戻る