エイズ学習

HIV抗体検査の結果が出るまでの間に

一般に、検査を受けてから結果を聞くまでの間が、一番ストレスや不安が高まると言われています。ストレスが高じて、不眠やイライラ、抑うつ気分といった精神症状や、食欲不振、発熱、寝汗、あるいはもっとほかの身体症状が出る場合もあり […]

この記事を読む

輸血によるエイズHIV感染

日本の輸血の大部分は日赤が献血者から集めた血液を使っています。キャリアの血液の大部分はエイズに対する抗体が陽性ですから、抗体検査で除外することができます。したがって、現在の日本では、輸血によるエイズ感染は、ほとんど考えな […]

この記事を読む

エイズHIV差別

エイズ感染者は外見上区別できないのですから、エイズ感染者とわかった人だけを差別するのはまったく意味がありません。セックスによって感染したとわかっているエイズ感染者が1人いれば、同じような条件のエイズ感染者は少なくとも10 […]

この記事を読む

エイズHIVの歴史

1977年、WHO(世界保健機関)は、長年人類を苦しめ続けてきた天然痘の撲滅宣言を行いましたが、皮肉なことにその翌年にはエイズが突如として出現することになります。エイズが歴史の表舞台に登場してから早20年が経過しましたが […]

この記事を読む

困るエイズHIV教育

教育こそが最高のエイズワクチンと言われています。しかし、日本では、実際にはエイズ教育をはじめとする性教育はあまりうまくいっていないように思います。次の資料を見てください。

この記事を読む

エイズHIVの問いかけ

エイズが私たちに問いかける最大の課題は、HIVが性交という人と人とのもっともプライベートで親密なコミュニケーションで、しかも性感体で粘膜を通して侵入し、その結果人と人との間に亀裂を生じさせ相互を阻害しあう性感染症だという […]

この記事を読む

エイズ教育の10要点

エイズ学習とは科学教育、人権教育、自立教育、共生教育の4つの視点を持った性教育が望ましいです。子供に対して性教育を述べるのが恥ずかしいとか、まだまだ内の子供には早いなどと考え避けてる方は是非、考え方を改めて頂きたいと願っ […]

この記事を読む

10代少女とHIV

全国高等学校PTA連合会が「高校生1万人アンケート」を実施しました。その結果、初体験の年齢は16才が最多の33%でした。また高校3年生(現在20才)では男子30%、女子39%の割合でセックスを体験している調査結果が出たの […]

この記事を読む

▲ページトップに戻る