エイズHIVお悩み掲示板


[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.21633] えもんさんよろしくお願いします。 投稿者:ひがし  投稿日:2017/08/18(Fri) 17:25:24
[関連記事

こんにちは。
長くなりますが困っており、ご相談したいことがあります。どうぞよろしくお願いします。

HIV感染心配があってからいろいろ悩むことがあります。陰性だったのですが、日頃の生活で悩むようになりました。それは、飲食店で箸やコップ器に感染者の血液や体液がついてないか確認するようになりました。また、ペットボトルの飲み口、便座、トイレットペーパー、タオルその他にもたくさんです。自慰行為をするときも手についてないか確認する癖がついています、ティッシュもそう、飲食店での口拭きのティッシュもです。HIVや梅毒を始めとする性病は口からも、また目や鼻、耳の粘膜からも感染すると聞いて付着した手で目をかいたりすると感染するのではないかなどいろいろ考えるようになりました。また、耳や目や鼻をかくときも執拗に手に付着してないか気になってしまいます。居酒屋でも、グラスの水滴がかなり気になって友だちになんかついてるの?みたいに心配されます。そういうところには、感染者の体液や血液はついていないってのも自分でもわかっているのですが、誰かが意図的じゃなくてもついてたりしてどうしても確認してしまいます。また、それが一人ならばいいのですが一人じゃないときは友だちとの会話等で確認できず、頭から離れなくて楽しめません。みんなをみてるとだれも箸やコップ気にせず飲み食いしてるのでやっぱり自分はおかしいと感じます。

一人暮らしなのですが昔住んでた人が鍵を使用してタオルや、風呂場の蛇口、シャンプーの取っ手だったり付着させてるのではないかとも悩んでしまいます。その手で目をかいたり自慰行為の自分の性器を触ったりすると感染するのではないかと考えてしまいます。家の鍵交換はしたと確認しております。銭湯でも最初にシャワーの取っ手、シャンプーの取っ手、いすなどに水をかけて洗い出します。洗いながらちゃんと感染したひとの血液とか体液流したっけ?みたいな心配もあとをたちません。シャワーを浴びながら考えをやめることができません。また、コンビニでも車の鍵をかけずに買い物して帰ってきたときに飲みかけのペットボトル等、付着してないか確認してしまいます。本当に嫌になります。誰かが付着させてるのではないかと。タバコも吸うときは執拗に手に付着してないか確認して、血の味とかしてないか等も確認してしまいます。また、公衆便所の便器の中の水が大便を落としたときに跳ね返ってケツが濡れたときも感染者の体液血液で感染したのではないかと考えてしまいます。ペットボトルをあけるとき、ちゃんと飲みかけではないかカチッというのを確認してしまいます。カンもそうです。飲み口を執拗に付着してないか確認してしまいます。

これは現実離れしてて全くこのような行為はしなくて良いと思われますか?
いつも考えをやめるときは、こんなことをする人はいない、もしついてたとしても血などの味がするはずだとか、体液血液の量が足りないと割り切っております。また、HIV、梅毒、クラミジア等の検査をして感染してなかったのだからこれは、子供のときに何も考えなくて過ごしてて感染してなかったのだからこんなことで感染するわけがないと割り切ります。これで感染してたら子供たちみんなかんせんしてると。どう思われますか?HIVは感染力が弱いし、また今述べたところには発生しないと思うんです。また、例えば友だちがHIVや梅毒などにかかっていてその人のグラスを飲んだりとか箸を使ったりとかしたら感染したりするのでしょうか?また、話をしててつばが口の中に入ってきたりしたら感染するのでしょうか?感染しないとしたら、量が足りないからでしょうか?

何が何だかわからなくなっております。性感染症だから性行為でしか感染しない、
それはこれらのケースでは量が少ないし、発生している可能性が低いとの判断でよろしいのでしょうか?目からや鼻耳からでも感染しますか?

本当悩んでいることが馬鹿馬鹿しく感じます。時間がもったいないと自分でも感じています。
どうか、ご意見をお聞かせください。どうぞよろしくお願いします。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー